Yamrix

Office 365、SharePoint Online、Power BI などなどのメモ

Teamsでチームを作ったらやるべきこと ~SharePoint Online サイトのタイムゾーン~ な件

少し間が空いてしましました。今日は、Office 365 イチオシ機能のTeamsで作成されるSharePoint Onlineな話題です。結論から先に置いておきますね。

 

お伝えしたいこと

Teamsでチームを作成した時は「SharePoint Onlineサイトのタイムゾーン」をチェックしましょう!日本でしか利用しない場合は、日本時間(UTC+09:00)にしたほうがいいですよ!
※いつも設定し忘れて利用メンバーから指摘されて思い出すのでw

 

 

皆さん、Teams使ってますか?便利ですよね。クライアントアプリが遅かったり、重かったり、プレゼンス(相手がOnlineなのか否かの表示)が正確ではなかったり、マルチウィンドウにならないから「チャットが飛んできたよ通知」押下しちゃうと画面が強制で切り替わってしまったり、と色々アレなトコもありますが、それでもやっぱり便利です。

 

そのTeams、新しいチームを作るたびにSharePoint Online(SPO)のサイトコレクションが作成されていることをご存知でしょうか?そして、SPOのサイトコレクションですが、タイムゾーンが「(UTC-08:00) 太平洋標準時 (米国およびカナダ)」なのです。つまり、タイムゾーンの設定を変更せずに利用していると、登録日時や更新日時などがズレて表示されるって、コトです。

 

現象の確認

2018年4月現在の動きですが、現象と対策をまとめておきます。まずは、発生する現象の一例をどうぞ。対策をさっさと知りたいヒトは「■対策」までジャンプです。

 

  1. Teamsでチームを作ります

    f:id:yamad365:20180428111526p:plain

  2. ファイルを登録してみます
    [最終更新日] が ”たった今” となっていて、正確な時間がわかりませんね(苦笑)。ちなみに”たった今”や”n分前”などの表示になっている状態を『フレンドリ表示』と呼びます。(どこがフレンドリーやねんw)

    f:id:yamad365:20180428111600p:plain

  3. チームに紐づいたSPOサイトで確認しよう
    Teamsの画面では正確な更新日時が確認できないので、SPOサイトを開きましょう。該当ファイルが格納されているSPOサイトを開く場合、下記の手順で簡単に実施できます
    【手順】ファイルを選択する(①)→ [・・・](三点リーダー)をクリック(②) → [SharePoint で開く]をクリック(③)

    f:id:yamad365:20180428111825p:plain

  4. SPOサイトでファイルの日付を確認
    実はSPOサイトでもTeamsと同様で、デフォルト状態だと『フレンドリ表示』になっています。なので、バージョン履歴を確認してみましょう。

    f:id:yamad365:20180428112135p:plain

  5. バッチリずれてます
    左側がTeams(SPO)の時間=2018/04/27 
    右側がPCの所謂システム時間=2018/04/28 
    ※作業してる間に時間が過ぎちゃうの忘れてた。ファイルUpするとこも記録しとくんだった(苦笑
    f:id:yamad365:20180428112430p:plain

対策(タイムゾーンの変更方法)

SharePoint Online サイトの設定から[地域の設定]を変更することで、タイムゾーンが切り替わります。なお、モダンサイトでの説明になりますので、クラッシクモードなサイトの場合は、適宜サイトの設定まで行きつくルートを読み替えてください。

 

  1. 変更したいサイトで、[歯車] → [サイト情報] をクリック
    (開いている画面によっては[サイトの設定]が表示されてて、1発で飛べることもあります)

    f:id:yamad365:20180428113210p:plain

  2. [すべてのサイト設定を表示] をクリック

    f:id:yamad365:20180428113247p:plain

  3. サイトの設定画面で [地域の設定] をクリック

    f:id:yamad365:20180428113515p:plain

  4. [タイムゾーン] を変更して、ページ下部にある [OK] ボタンを押下します

    f:id:yamad365:20180428113612p:plain

    f:id:yamad365:20180428113626p:plain

以上で、設定変更が完了です。お疲れ様でした。

 

結果の確認

変更した結果を確認してみましょう。前述「現象の確認」で確認したファイルの更新履歴を再チェックしてみます。左側Teams(SPO)の日付も、右側PCの所謂システム時間も、2018/04/28 になりましたね!

f:id:yamad365:20180428113834p:plain

 

まとめ

  1. SharePoint Online の規定のタイムゾーンは「(UTC-08:00) 太平洋標準時 (米国およびカナダ)」
  2. Teamsでチームを作ると、SharePoint Onlineサイトも作られる
  3. そのサイトはタイムゾーンが規定のままなので、日本時間(UTC+09:00)へ変更しましょう

 

公式情報がコレ↓ぐらいしか見つけられなかった・・・。


SharePoint Online の個人用サイトのタイムゾーンが既定で太平洋標準時に設定される

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2901182

 

”個人用サイト”と書いてありますが、SharePoint 管理センターでサイトを作成した場合などでも同様です。どこからサイトコレクションを作成しても、事前に設定する箇所が無い限り、タイムゾーンが規定の(UTC-08:00)になってしまいます。

 

Office 365のテナント、データの場所(地域)が「日本」だったら、サイトなども自動で規定のタイムゾーンを考慮してくれると忘れなくて嬉しいんですけどねぇ。ずいぶん前から、この仕様なので、暫くはこの仕様のままなんでしょうね。