Yamrix

Office 365、SharePoint Online、Power BI などなどのメモ

「Power BI で Azure 監査ログに接続する」を実際にやってみる

たまーに「Power BI で Azure の情報がみたい」等の相談をうけます。具体的に”何を?どうみたい?”ってのが無い場合はコンテンツパックを紹介して終わらせるのですが・・・。

公式のURL渡しても自分で実施しない方が居たりします。その理由を確認したところ、大半が「公式サイトは画像が無いのでわからない」とおっしゃいます。(ちゃんと読んでないだろ?とは言わないのが大人の対応)なので「ここのBLOGに画像付きで手順書いてあるみたいですよー」って言って終わりにする作戦に出ることにした、という噂です。

 

 

上記を、実際にスクショ付きで実施していきます。

 

  1. Power BI Service(所謂Web版)で[データを取得]画面(左下の矢印クリック) → ”サービス”の[取得]クリック

    f:id:yamad365:20180701182121p:plain

  2. AppSourceの検索ボックスに”Azure”と入力し検索 → ”Azure Audit Logs”(Azure 監査ログ)の[今すぐ入手する]をクリック

    f:id:yamad365:20180701182341p:plain

  3. AzureのサブスクリプションID を入力する画面に切り替わる

    f:id:yamad365:20180701182453p:plain

  4. 監査ログをチェックしたいAzure(portal.azure.com)へサインイン → 左メニューから[サブスクリプション]をクリック
    ※Power BI Service と別アカウントの場合は、ブラウザーを切り替える等実施ください
    ※表示されていない場合は [すべてのサービス] から検索ください

    f:id:yamad365:20180701182629p:plain

  5. 右ペインにサブスクリプションの情報が表示させるので、該当のサブスクリプションをクリック

    f:id:yamad365:20180701182723p:plain

  6. 概要の箇所にサブスクリプションIDがあるので、コピー(※クリックするとコピー用のアイコンが出てきます)。前述No.3の画面の入力欄にペーストしてOK押下

    f:id:yamad365:20180701182900p:plain

  7. [サインイン]をクリックすると認証を問われるので、先ほどサブスクリプションIDを取得した Azure のアカウントで認証を通す

    f:id:yamad365:20180701183055p:plain

  8. 暫く待つ

    f:id:yamad365:20180701183148p:plain

  9. 出来上がり!クリックすると内容が確認できます

    f:id:yamad365:20180701183221p:plain

  10. こんな感じです。英語注意ですね

    f:id:yamad365:20180701183307p:plain

 

ここまで簡単にできるようになっているのでチャレンジしてみてください。実際、公式サイトの手順どーりなんですけどね。

 

全て試したワケではありませんが、Power BI Service のコンテンツパックは、基本同じような手順で設定できるハズです。もちろん、接続する先のコンテンツによって認証に必要な情報や手順が若干異なるでしょうが・・・。1年ほど前に比べると公式ドキュメントも充実してきておりますので、わからなかったら検索すると幸せになれるかと思います。

なお、記事投稿時点の情報となります。今後のVerUp等で変更になっている可能性がある点、ご認識置き願います。

 

ちなみに、当方はPaaSばっかり利用してるのでエラー等が少なくて、大変つまらないレポートが表示されました(苦笑)。IaaSを組んだりして検証で色々試している方であれば、Suucess等の成功以外なログも閲覧できると思いますので、楽しめると思います。